Art Make - Up

Art Make - Up

アートメイクの針は、皮膚の一番上の階層に色素を注入します。入れ墨はこれとは異なり、血管と神経がある第2層まで針が入りますので、痛く、出血しやすくなります。

より整った顔にしたいと希望される方でしたら、男女を問わず、誰でも施術を受けられます。

アートメイクの主な手順は、カウンセリング、デザイン、麻酔(ジェルタイプの麻酔薬)、着色の4段階です。所要時間は全部で 120~150分程度です。

アートメイクで使用する麻酔薬は、高品質で非常に効果が高いため、痛みは感じません。ただし、施術を受ける箇所の皮膚によりますが、肌にかすかな刺激を感じるかもしれません。深さに最も敏感な箇所は、唇、次に眉毛です。インナーアイライナーでは、ほとんど痛みを感じません。眼の周りに何かを書いているように感じるだけです。

アートメイクで使用する色素は、化粧品で使用される色素よりも純度が高いものです。したがって安全性が高く、かぶれが起こることは非常に稀です。アレルギーをお持ちの方や、かぶれが心配な方は、施術前にパッチテストを受けることも可能です。

アートメイクを受けた後が赤く腫れるのは、通常の反応です。これは、色素を埋め込むために、皮膚層が切開されたために起こります。

  • 眉毛:施術を受けた後もいつも通り洗えますが、洗顔フォーム、石けん、クリーム等のご使用はお避けください。濡れた場合は、すぐに拭いて乾かしてから、当店が提供した傷回復クリームをご使用ください。洗浄用の食塩水を含ませた綿で、傷を洗浄しても大丈夫です。
  • 口:施術を受けた後に、当店は痛みを抑える口用の塗り薬を提供します。刺激の強い食べ物、熱い食べ物、発酵食品、害のある食べ物は摂らないでください。アートメイクでできたかさぶたがすべて取れるまで待ったら、いつも通りの食事が可能です。
  • インナー:お化粧をやめて、アートメイクでできたかさぶたが全部乾き、落ちるまでお待ちください。

使用する器具は、正しい方法で殺菌されており、着色で使用する針は使い捨てです。当店は清潔に保たれており、針は衛生的に分別され、廃棄されています。

7~10日ですが、その人の肌の状態によっても異なります。乾燥肌のほうが、脂性肌よりもかさぶたは早く取れます。

8ヶ月~1年です。最初の3ヶ月は色の追加施術が可能です。最長2年間は色が残る可能性がありますが、その人の肌の状態によっても異なります。

施術前の1週間は、刺激に敏感な肌になる原因になりますので、顔パックはせず、日差しの強い場所に出ないようにしてください。

施術前の12時間は、皮膚の結合に悪影響を与えますので、アルコールは摂らないでください。

生理中の方は、施術を延期することをおすすめします。

Powered by MakeWebEasy.com